「私はコウノ・タロウ」

共同通信


                  23日、パリで記者団の質問に答える河野外相(共同)
                拡大

23日、パリで記者団の質問に答える河野外相(共同)

 【パリ共同】フランス訪問中の河野太郎外相が23日午後(日本時間24日未明)、国際会議の関連会合で講演した際、自身の名前を「名・姓」の順番ではなく「姓・名」順で呼ぶよう要望する一幕があった。日本人名の英語表記について、日本語表記と同じ姓・名順への変更を推進すると表明しており、海外で早速PRした形だ。

 講演の冒頭で「私はタロウ・コウノとして知られる日本の外相だが、日本の名前に従ってコウノ・タロウと呼ぶよう、お願いしている」と紹介。「シンゾウ・アベとして知られている日本の首相は、実はアベ・シンゾウだ」と続け、会場の笑いを誘った。

PR

PR

注目のテーマ