愛知の航空部品メーカーが多角化

共同通信


                  東明工業が経営に乗り出した「らーめん鱗」の大阪府内の店舗(同社提供)
                拡大

東明工業が経営に乗り出した「らーめん鱗」の大阪府内の店舗(同社提供)

 航空機産業が盛んな愛知県で、部品を手掛けるメーカーが事業の多角化を進めている。米航空機大手ボーイングが大型機「777」を減産し、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発も遅れ、受注が減っているためだ。ラーメン店経営に乗り出す企業まで現れた。

 MRJ試作機の胴体製造の一部を担当した東明工業(愛知県知多市)は昨年7月、ラーメン店「らーめん鱗」を5店舗展開するアスタイル(大阪府茨木市)を買収した。今後3年でカナダなど国内外で計約20店舗に増やす方針だ。担当者は「飲食業は日々現金が入る。航空機産業の好不況の波を平準化できる」と強調する。

PR

PR

注目のテーマ