男女ともに年齢を重ねると、手堅さが増す!?

PR TIMES 株式会社グレート・ビーンズ

43万人の個性診断結果をビッグデータ解析して見えてきた、年齢による計画性の変化
COLOR INSIDE YOURSELF( https://ciy-totem.com/ )は43万人以上が利用する、自己診断サービスです。 43万人以上の診断結果をビッグデータ解析した結果みえてきた、個性や性格に関する興味深い統計データをお届けします。

男女ともに年齢を重ねると、手堅さが増す!?

COLOR INSIDE YOURSELF(以下「CIY」)の診断結果では、個人の様々な特性が明らかになりますが、その中でも特に、「計画的に行動するタイプ」「行き当たりばったりで行動するタイプ」では、年齢による変化が明確にあるようです。

この結果では、男女差はほぼありませんでしたが、男女とも年齢が上がるに連れて「計画的に行動するタイプ」の割合が上がり、「行き当たりばったりで行動するタイプ」の割合が減っていきます
計画的(年齢/男女)
突発的(年齢/男女)

特にライフスタイル別で見ると、「高校生」が最も「行き当たりばったりタイプ」が多く、大学生以降は急激に「計画的タイプ」が増え、その後は年齢とともに右肩上がりに「計画的タイプ」が増えていきます。

60代では、男女とも70%が計画的に行動するタイプという結果になりました。
計画的(ライフスタイル/男女)
突発的(ライフスタイル/男女)

若いほど行き当たりばったりで勢いのある行動を取る、大人になるに連れて手堅く行動をしがちになる、という従来のイメージに近い結果が、数字でも現れています。
「手堅さ」は、年齢による性格の変化が出やすい特性か

世代別でみると「脱ゆとり~ゆとり・さとり世代」が「行き当たりばったりタイプ」が多いという傾向ですが、これは世代間の傾向というよりも、上述の通り、年齢や社会的なポジションに伴って性格が変わっていくという分析が妥当でしょう。

計画的(世代/男女)
突発的(世代/男女)

個性や性格の半分は遺伝で決まり、残りの半分はその他の要因によって決まると言われています。
そのため加齢による性格の変化はそこまでないはずですが、この結果を見ると、明らかに年代による傾向が現れています。

「計画的に行動するタイプ」と「行き当たりばったりで行動するタイプ」という特性は、年齢によって変化しやすい特性なのかもしれません。

今後も継続的な分析を行うことで、今回の分析結果が今後も続くのか、特定の世代の傾向なのか明らかにしていきたいと思います。

----------------------------------------------------------

【COLOR INSIDE YOURSELF 公式サイト】
https://ciy-totem.com/

【SNSアカウント】
Twitter:https://twitter.com/ciy_info
Instagram:https://www.instagram.com/ciy_info/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES

PR

最新記事

PR

注目のテーマ