野党、丸山氏に事情説明を要求

共同通信

 野党は24日、戦争で北方領土を取り返す是非などに言及した丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=が、病気を理由に衆院議院運営委員会理事会の事情聴取を欠席した対応を批判した。維新代表の松井一郎大阪市長は改めて丸山氏に議員辞職を要求した。

 国民民主党の舟山康江参院国対委員長は記者会見で「きちっと説明すべきだ。体調不良で出られないなら仕事はできない。一度身を引くべきだ。あまりに往生際が悪い」と述べた。

 共産党の笠井亮政策委員長は会見で「本人から事情聴取できなければ、一緒にいた人に聞けば事実は分かる」と語った。

PR

PR

注目のテーマ