比に猛烈な台風、3人死亡 今年「最強」、75万人避難

8日、フィリピン・セブ島で、台風で倒れた木のそばを歩く男性(ロイター=共同) 拡大

8日、フィリピン・セブ島で、台風で倒れた木のそばを歩く男性(ロイター=共同)

 【マニラ共同】猛烈な台風30号が8日、フィリピン中部のビサヤ地方に上陸、南シナ海に向け西に進んだ。災害当局によると、台風の影響による感電などで少なくとも3人が死亡、約75万人が避難した。

 フィリピンの気象当局は「今年発生した台風で最大の強さ」だとして、厳重な警戒を呼び掛けた。日本の気象庁によると台風30号は一時、中心気圧895ヘクトパスカル、最大風速65メートル、最大瞬間風速90メートルと、強い竜巻並みの勢力となった。

 マニラの日本大使館も在留邦人に警戒を促した。

PR

PR

注目のテーマ