EU委員「安保上の脅威でない」

共同通信

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)欧州委員会のマルムストローム欧州委員(通商担当)は27日、トランプ米政権が自動車輸入を自国の安全保障への脅威と位置付けたことに関し「EUの輸出が安保上の脅威だとは考えていない」と改めて米側を批判した。

 マルムストローム氏はブリュッセルで27日に開いた貿易相理事会の会合後の記者会見で語った。米国が輸入車への追加関税の判断を先送りしたことは「歓迎する」と表明した。

 対米貿易交渉については「米国は関税協議の準備ができていない」と指摘。EU側は用意が整っており、速やかに本格協議に移りたい意向を示した。

PR

PR

注目のテーマ