イラン「米は行動改めるべき」

共同通信

 【テヘラン共同】トランプ米大統領が27日、イランの体制転換を求めていないなどと発言したことについてイラン政府筋は同日、「米政権の発言のトーンが変わってきたのは良い兆しだ」と指摘しながらも「米国が(イラン敵視の)行動を実際に改めることを求めている」と述べた。共同通信の取材に答えた。

 トランプ氏は安倍晋三首相との会談と共同記者会見で「イランは同じ指導部の下で偉大な国になるチャンスがある。体制転換は求めない」と強調し、米国の目標はイランの核保有阻止だと主張。イランに交渉を呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ