日米首脳が海自艦視察

共同通信

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は28日午前、海上自衛隊横須賀基地を訪れ、事実上の空母への改修が決まっている「いずも」型の護衛艦「かが」を視察した。両首脳そろって乗艦し、強固な同盟関係をアピールする狙いがある。防衛省によると、米大統領が自衛隊艦船に乗艦した記録はなく、初めてとみられる。

 首相は「地域を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、日米隊員のますますの活躍を大いに期待している」と自衛隊と米軍の隊員を激励。今後、戦闘機を搭載できるよう改修するとして「地域の公共財としての日米同盟のさらなる強化に向け、不断の努力を果たしていく」と強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ