EU次期首脳人事が本格化

共同通信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は28日、ブリュッセルの本部で非公式首脳会議を開き、秋以降に総入れ替えとなる欧州委員長などの人事を巡り本格協議を始めた。トゥスクEU大統領は終了後の記者会見で、欧州委員長などEUの四大ポストを男女2人ずつにしたいとの意見が大勢を占めたと明らかにした。

 四大ポストは委員長、大統領、欧州中央銀行(ECB)総裁、外交安全保障上級代表を指す。現在は上級代表のみ女性だが、トゥスク氏は、男女同数について「ほぼ全首脳からの強い支持」があったと説明。出身国・地域や政治志向のバランスを図ることも確認した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ