がんゲノム医療、保険適用

共同通信

 厚生労働省は29日、がん患者の遺伝子変異を調べ最適な薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムについて、公的医療保険の適用を決めた。中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案し、了承を得た。既存の治療法が効かない人などが対象。全額自費で数十万円かかっていたが患者負担が軽減され、普及が進むことになりそうだ。6月にも保険が使えるようになる。

 検査システムは、国立がん研究センターとシスメックス(神戸市)が開発した「NCCオンコパネル」と、中外製薬(東京都)が販売する「ファウンデーションワン」。いずれも一度に100種類以上の遺伝子を調べることができる。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ