ファーウェイが早期解決を訴え

共同通信

 【深セン共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は29日、トランプ米政権が政府機関での同社製品の使用禁止を決めたのは違憲だと米国で訴えた裁判で、略式判決を要求したと発表した。米テキサス州の連邦地裁に審理の省略を求めている。問題の早期解決を訴え、ファーウェイ排除による経営への打撃を食い止めたい考えだ。

 米政府は今月に入ってファーウェイへの禁輸措置も発表。これに従い取引を停止する企業が世界的に続出し、取引継続への懸念が拡大している。ファーウェイは早期に違憲判決を勝ち取って沈静化を図りたい考え。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ