五輪渋滞対策、駐車場で予約制

共同通信

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞対策の一環で、東京都や国土交通省などは、競技会場周辺にある民間の駐車場を予約専用とする検討を始めた。事前の予約なしでは利用できなくして、駐車待ちや駐車場を探す車による渋滞を防ぎ、大会関係者の円滑な輸送につなげる狙いだ。

 都、国交省、大会組織委員会のほか、タイムズ24など駐車場運営会社でつくる協議会を31日に設置。今夏に都心で実施する道路交通量の抑制テストに合わせ、競技会場が集中する臨海部など16の重点地区のコインパーキングなどで試験的に導入する。

 スマホのアプリで空き駐車場を検索・予約する方法を想定している。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ