比台風、死者130人超 推定数千が犠牲と赤十字

 【マニラ共同】フィリピン中部を襲った猛烈な台風30号について、国家災害対策本部は上陸から一夜明けた9日、死者が少なくとも138人に上ったと発表した。大半は直撃を受けたレイテ島で見つかり、タクロバンでの犠牲者が多いという。

 一方、フィリピン赤十字幹部は同日、タクロバンでの死者は推定数千人に上るとの見方を示した。現地救援チームからの報告が根拠としている。

 地元テレビ局によると、海沿いのタクロバンでは8日朝、暴風雨と高潮が襲い、市内は一時、濁流にまみれた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ