福岡市、会社で昼寝を推奨

共同通信

 福岡市は29日、寝具メーカーの西川(東京)と組み、福岡市内にある企業の従業員に休憩時間などに短時間の仮眠をとる「パワーナップ」を推奨する取り組みを始めた。昼寝をしやすい環境づくりを支援するために参加企業に対し、頭や背中にかぶせるタオルケットを西川が提供する。

 「人生100年時代」を心身共に健やかに過ごせる社会づくりを目指した福岡市の取り組みの一環。高島宗一郎市長は「昼寝イコール、サボっているという意識を変えることが重要だ」と訴え、パワーナップの推奨を通じて睡眠を考える文化を福岡市から広めたいとの考えを示した。

PR

PR

注目のテーマ