経団連、中西体制2年目へ

共同通信

 経団連の久保田政一事務総長は29日までに報道各社のインタビューに応じ、30日に就任2年目を迎える中西宏明会長体制では「1年目の提案を着実に実現していくことが最大の課題だ」と語った。政策を提言する委員会を横断的にまとめる二つの会議を新設し、デジタル革新や社会保障制度改革の取り組みを強化する方針を示した。

 インタビューは中西氏が応じる予定だったが、検査入院したため久保田氏が対応した。

 中西氏は昨年5月の会長就任以来、デジタル技術を活用してさまざまな課題を解決する社会の実現を掲げてきた。

PR

PR

注目のテーマ