米議会が大統領の責任追及

共同通信

 【ワシントン共同】米政権のロシア疑惑で、モラー特別検察官は29日の声明で捜査終結に伴う退任を表明し、トランプ大統領が潔白とは確信できなかったと述べた。民主党のペロシ下院議長はこれを受け「議会には大統領の権力乱用を調査し、責任を取らせる憲法上の義務がある」との声明を発表し、トランプ氏の責任を議会で追及する考えを示した。

 モラー氏は声明で、現職大統領の訴追は司法省の指針により元々選択肢になかったと説明。その上で「憲法は大統領の過ちを追及するために刑事司法制度以外の手続きを求めている」と指摘し、議会に行動を委ねる姿勢を示唆した。

PR

PR

注目のテーマ