英西部バンクシー壁画が引っ越し

共同通信

 【ロンドン共同】英西部の町ポートタルボットの外れに昨年末、突如出現した路上芸術家バンクシーの壁画が29日、町中心部に運ばれた。壁画を購入した画廊のオーナーの意向により、広く公開するため当初の住宅街から「引っ越し」することになった。BBC放送が伝えた。

 壁画は車庫の外壁2面に描かれ、片面では雪が舞う中で少年が手を上げて遊んでいるように見えるが、別の面を見ると実は雪ではなく焼却灰だと分かる。バンクシーも写真共有アプリで作品を紹介。地元では工場の灰による健康被害を訴える声があり、環境汚染への風刺とみられる。

 4トンを超す壁画は警察の先導で無事に搬送された。

PR

PR

注目のテーマ