循環器病センターで手続き不備

共同通信

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は30日、2013年度以降の158件の研究で、倫理審査や患者の了解などに関し国の倫理指針で定められた必要な手続きを取らないまま患者データなどを研究に利用していた不適合事案があったと発表した。虚偽だとして論文2件は撤回される見通し。研究者の意識の欠如や研究者への周知が不十分だったとしている。いずれも診察時の症状や治療の結果などを利用しており、患者の健康への影響はないという。

 センターによると、13年度と18年度に計2件、内部の倫理審査委員会に計画書の審査を受けないまま実施した研究があった。

PR

PR

注目のテーマ