中東平和へサウジと協力

共同通信

 安倍晋三首相は30日、サウジアラビアのムハンマド皇太子と電話で会談し、米国とイランの対立で緊張が高まる中東地域の平和と繁栄のため緊密に協力する考えで一致した。サウジはイランと敵対関係にあり、首相は6月中旬で調整している自身のイラン訪問に関しても説明し、理解を求めたとみられる。

 外務省によると会談は日本側が呼び掛けた。約30分間行われ、湾岸情勢について幅広く意見交換した。両氏は6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の成功に向けた連携も確認した。サウジは来年のG20で議長国を務める。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ