中国、6月1日に対米報復発動

共同通信

 【北京共同】中国政府は6月1日、米国からの輸入品600億ドル(約6兆6千億円)分に対する追加関税率を従来の最大10%から最大25%に引き上げる。米国が中国からの輸入品2千億ドル分への追加関税率を引き上げたことに対する報復で、米中の「制裁合戦」が深刻化してきた。

 トランプ米政権は中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への部品輸出を禁じるなど、関税以外の手段でも締め付けを強化。これに対し、中国はハイテク製品に使われるレアアース(希土類)の対米輸出規制をちらつかせ始め、互いの対抗措置がエスカレートする恐れもある。

PR

PR

注目のテーマ