ウナギ稚魚の国内採捕量過去最低

共同通信

 ニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の2019年漁期(昨年11月から今年4月までの暫定値)の国内採捕量が3・6トンとなり、6年ぶりに過去最低を更新することが30日、分かった。夏の需要期に向けて輸入で一定の数量を確保するため、価格への影響は限定的とみられるが、絶滅も危ぶまれているだけに資源管理面での国際的な視線は厳しくなりそうだ。

 漁期は一般的に4月末まで。一部地域では5月も続けるため最終的な採捕量は変動する可能性があるが、過去最低だった13年漁期の5・2トンを下回るのは確実だ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ