トランプ氏、弾劾論けん制

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、ロシア疑惑を巡り大統領弾劾の手続きを始めるべきだとの意見が、政権と対立する民主党で勢いづいていることについて、弾劾は「汚らわしく下品で不愉快な言葉だ」と述べ、けん制した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 トランプ氏は29日に退任を表明したモラー特別検察官の写真をツイッターに載せ「捜査終結」と投稿。その前後もモラー氏を攻撃するツイートや発言を連発した。トランプ氏が潔白とは確信できないとモラー氏が公の場で声明を出したことが不満だったとみられる。

PR

PR

注目のテーマ