中絶制限法、米娯楽大手がけん制

共同通信

 【ロサンゼルス共同】映画やテレビのロケ地として知られる米南部ジョージア州が成立させた人工妊娠中絶を制限する州法について、米メディア・娯楽大手のワーナーメディアやNBCユニバーサル、映画大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメントなどが30日、州法が施行されれば、今後の撮影地変更を検討すると表明、州法の動きを相次いでけん制した。米メディアが報じた。

 ウォルト・ディズニーやネットフリックスも同様の態度を示しており、反発が拡大。民主党支持のリベラル派が多い娯楽業界としてトランプ政権や共和党に圧力をかける姿勢が鮮明となった。

PR

PR

注目のテーマ