フィリピン、ごみをカナダに返送

共同通信

 【マニラ共同】カナダの民間業者が2013~14年、フィリピンに輸出し放置していた大量のごみ入りのコンテナが31日、マニラ近郊のスービック港から貨物船でカナダに向け送り出された。カナダ政府は6月末までに回収する意向だったが、フィリピン政府が再三、早期撤去を求め、日程を大幅に早めた。

 カナダの対応の遅さに激怒したドゥテルテ大統領が、ごみを引き取らないなら「戦争する」と警告し、ロクシン外相は駐カナダ大使を召還。20日には政府職員のカナダ出張も禁じた。各国が頭を悩ませるごみ処理問題が外交問題に発展した。

PR

PR

注目のテーマ