ジブリパーク基本合意締結、愛知

共同通信


                  ジブリパーク整備に関する基本合意書を締結し、ロゴマークを手にする(左から)スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、愛知県の大村秀章知事、中日新聞社の大島宇一郎社長=31日午後、愛知県庁
                拡大

ジブリパーク整備に関する基本合意書を締結し、ロゴマークを手にする(左から)スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、愛知県の大村秀章知事、中日新聞社の大島宇一郎社長=31日午後、愛知県庁

 愛知県は31日、2022年秋の開業を目指して同県長久手市の愛・地球博記念公園に整備する「ジブリパーク」の運営方針などを確認した基本合意書をスタジオジブリなどと締結した。宮崎駿監督のデザインを生かしたロゴマークも披露した。

 県庁で行われた締結後の記者会見で、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「テーマパークの要素を入れながら公園としてつくる。既存の施設や自然の起伏をどう生かすかもテーマ」と説明。大村秀章知事は「世界中から集客が見込める」と期待感を示した。

 合意書は県とジブリに中日新聞社を加えた3者で結んだ。

 記念公園は05年の愛知万博跡地に整備された。

PR

PR

注目のテーマ