アジア安保会議が開幕

共同通信

 【シンガポール共同】アジアや欧米各国の国防相や軍関係者が、地域情勢や防衛協力について話し合う「アジア安全保障会議」が31日、シンガポールで開幕した。米中間の貿易摩擦の激化が安保分野に波及する中、双方は衝突回避の重要性を確認する一方、南シナ海問題など立場の違いが大きい分野では議論の応酬があるとみられる。

 会議には岩屋毅防衛相のほか、シャナハン米国防長官代行、中国の魏鳳和国務委員兼国防相が出席。中国は近年、軍シンクタンク幹部ら格下の代表団を派遣しており、国防相が出席するのは2011年以来。

PR

PR

注目のテーマ