シドニー10年ぶり給水制限

共同通信

 【キャンベラ共同】記録的な干ばつが続くオーストラリアの最大都市シドニー周辺で1日、約10年ぶりに大規模な給水制限が始まった。庭の水やりの時間や洗車方法などが限られ、違反した場合は罰金が科される。

 地元メディアによると芝生や庭木への水やりは午前10時前か午後4時以降に制限され、スプリンクラーの使用などは禁じられる。散水量を調節できるノズルや高圧洗浄機能が付いていないホースでの洗車なども認められない。

 州政府は違反した場合、個人に220豪ドル(約1万6500円)、企業に550豪ドルの罰金を科すとしている。

PR

PR

注目のテーマ