米南部で乱射、12人死亡

共同通信

 【ニューヨーク共同】米南部バージニア州バージニアビーチの市庁舎で5月31日、市職員の男が銃を乱射、地元の警察当局によると、12人が死亡、4人が負傷した。駆け付けた警察官と銃撃戦になり、容疑者は射殺された。警察は単独犯とみている。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版によると、男はドウェイン・クラドック容疑者(40)。長年、同市の公共事業部門に勤めており、警察当局は容疑者が「不満を持っていた」と説明した。警察当局は容疑者が現役の市職員だとしているが、同紙は容疑者が市から解雇されていたと伝えた。

PR

PR

注目のテーマ