バニラからピーチへ初の路線移管

共同通信

 格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(千葉県成田市)の成田―那覇線が、ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)に移管され、成田発の便が1日、出発した。経営統合してブランドをピーチに一本化する両社で初の路線の移管。原則1日2往復する。

 出発に先立つ成田空港での記念セレモニーで、ピーチの井上慎一最高経営責任者(CEO)が「アジアのリーディングLCCに向けて統合を進めているが、大きな一歩を踏み出せた」とあいさつした。

 2社は2019年度中に経営統合する。バニラは今後段階的に路線や便数を縮小してピーチに移し、バニラとしての最後の運航は10月26日を予定している。

PR

PR

注目のテーマ