米国防長官代行、中国をけん制

共同通信

 【シンガポール共同】シャナハン米国防長官代行は1日午前、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で演説した。トランプ政権が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」戦略実現に向け、地域に「永続的に関与する」と宣言。南シナ海の軍事拠点化などを進める中国を念頭に「いずれの国も単独で地域を支配すべきではない」と強く批判した。また、同盟国は地域安定へ「公正な負担」を負うべきだと指摘し、防衛費増を求めた。

 中国を「戦略的競争相手」と位置付けるトランプ政権は、中国の海洋進出や宇宙・サイバー分野での戦力拡大を警戒。シャナハン氏は、安全保障面でも対抗姿勢を鮮明にした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ