サクラエビの春漁打ち切り、静岡

共同通信

 国内では静岡県の駿河湾だけで水揚げされるサクラエビの春漁について、静岡県桜えび漁業組合は1日、当初の予定より5日早めて5月31日に打ち切ったと発表した。この春の漁獲量は約85トンで、春漁では記録が残る1989年以降で最少だった昨春の312トンを大きく下回った。

 静岡市清水区で記者会見した実石正則組合長は「資源量も少ない上に厳しい漁獲規制をかけたので当然の結果だ。高値が付き消費者には申し訳ないが、将来のためには仕方なかった」と話した。

 サクラエビは記録的不漁が続き、昨年の秋漁は休漁となった。

PR

PR

注目のテーマ