テニス、セリーナが3回戦敗退

共同通信

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第7日は1日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス3回戦で四大大会通算23勝を誇る第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)がソフィア・ケニン(米国)に2―6、5―7で敗れた。

 男子シングルス3回戦では昨年準優勝で第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)や第8シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が勝って16強入りした。

PR

PR

注目のテーマ