中国、対米摩擦で原則譲らず

共同通信

 【北京共同】中国政府は2日、激化する米中貿易摩擦に関する報告書を発表した。中国は「重大な原則問題では決して譲らない」と改めて強調。「いかなる挑戦にもとことん付き合う」と対抗姿勢を鮮明にした。

 報告書は「米中貿易摩擦に関する中国の立場」と題し、米国の「単独主義と保護主義」が、中国と他の国の利益を損ねていると批判。多角的貿易体制が危機に面していると訴えた。

 また中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への米国の圧力を念頭に、米国は国家安全を名目にして中国企業にいわれのない制裁を加えているとした。

PR

PR

注目のテーマ