国際色豊かにガタリンピック

共同通信

 日本一の干満差がある有明海の干潟で、泥まみれになる競技の祭典「鹿島ガタリンピック」が2日、佐賀県鹿島市で開かれた。約1500人が参加し、うち100人ほどが韓国やカナダ、スイスなど12カ国の人々。今年で35回目を数え、国際色豊かな大会に成長した。

 競技は8種目。2年ぶりに復活した「ガターザン」では、つるされたロープにぶら下がり、約5メートルの高さから干潟に飛び込んで距離やパフォーマンスを競った。北海道佐呂間町から参加した会社員郷司英照さん(33)は「軟らかくて気持ちいい」と泥だらけの顔から白い歯をのぞかせた。

PR

PR

注目のテーマ