天皇の代理「斎王」ら行列、三重

共同通信

 かつて天皇の代理として伊勢神宮に仕えた「斎王」が都から神宮に向かう行列を再現したイベントが2日、三重県明和町で行われた。袿などを身にまとった約120人の男女が国史跡「斎宮跡」を練り歩く華やかな様子に、観客は魅了された。

 同町の斎宮歴史博物館によると、斎王制度は飛鳥時代から南北朝時代の約660年間にわたり続いたとされ、天皇が代替わりすると未婚の皇女が選ばれたという。

 斎王役の女性が十二単姿で乗ったみこしが通ると、カメラを持った観客らから「斎王さん、こっち向いて」と声が掛かり、女性は沿道に笑顔で返した。

PR

PR

注目のテーマ