米、イランと条件なし対話も

 【ジュネーブ、ワシントン、テヘラン共同】スイス訪問中のポンペオ米国務長官は2日、スイス南部ベリンツォーナで記者会見し、緊迫するイラン情勢について「前提条件なしでイランとの対話に向き合う準備がある」と述べた。一方で、中東でのイランの「有害な行為を完全にやめさせるよう行動し続ける」と強調、原油禁輸制裁など圧力を継続する姿勢を示した。

 イラン外務省報道官は2日「(米国の)言葉だけではイランは動かない。米国が実際に行動を変えることが重要だ」と述べた。

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR