ルノー仏政府から取締役受け入れ

共同通信

 【ロンドン共同】ロイター通信は2日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手ルノーが経営統合計画で、統合後の持ち株会社にフランス政府側から取締役を受け入れる案を検討していると報じた。

 FCAが5月27日にルノーに提示した当初案には含まれていなかった。ルノー筆頭株主のフランス政府から統合への理解を得る狙いがありそうだ。実質的な本社機能をフランスに置くことも協議している。新たな案には工場労働者の雇用維持期間を長くするといった施策も含まれている。

 ルノーは4日に開く取締役会で取り上げるとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ