対メキシコ制裁関税5%と米高官

共同通信

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスのマルバニー大統領首席補佐官代行は2日のFOXニュースの番組で、政権が不法移民対策を促す目的で打ち出した対メキシコ制裁関税について「トランプ大統領は極めて真剣だ」と述べ、少なくとも10日に予定される第1弾の5%は実施されるとの見通しを示した。

 メキシコが有効な策を取らなければ、7月以降も段階的に引き上げ、10月には25%にするのが現在の計画。メキシコとの関係が深い米経済に甚大な影響を与えるとして、米産業界や政権を支える共和党からも強い反対の声が上がっている。

PR

PR

注目のテーマ