スーダン軍、デモ強制排除

共同通信

 【カイロ共同】スーダンの首都ハルツームで3日、軍が民主化を求めるデモ隊を強制排除し、地元の医師委員会によると、少なくとも13人が死亡した。多数の負傷者が出ている。委員会によると、軍はデモ隊に発砲したもよう。昨年末に始まった抗議デモは、過去最悪の緊張状態に陥った。

 軍は「治安当局が近くにいた犯罪者を追跡していた。デモ隊を狙っていない」と主張している。

 医師委員会はデモ中心組織の一つで「軍が病院の敷地に侵入し、デモ隊に向かって実弾を発砲した」とフェイスブックに投稿した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ