中国語アカウントを誤凍結

共同通信

 【北京共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、米ツイッター社は3日までに、中国語のアカウントを誤って大量に凍結してしまったとして謝罪した。アカウント凍結を巡っては、中国で民主化運動が武力弾圧された天安門事件から4日で30年となるのを前に、同社が中国側の圧力に屈したとの懸念が出ていた。

 同紙によると、5月31日から6月1日にかけて、中国語で発信する人権派弁護士や活動家ら100人以上のアカウントが凍結された。インターネット上で、中国当局の検閲がツイッターに及んだとして波紋が広がった。

PR

PR

注目のテーマ