謹慎説の金与正氏も健在

共同通信

 【北京共同】北朝鮮国営メディアは4日、金正恩朝鮮労働党委員長が3日、平壌で開幕したマスゲーム・芸術公演「人民の国」を観覧、妹の金与正党第1副部長も同行したと報じた。韓国紙、朝鮮日報は先月末、2月の米朝首脳会談決裂を受け、秘書役を務めてきた金与正氏が謹慎を命じられたと伝えていたが、健在が確認された。

 北朝鮮国営メディアが金与正氏の名前を挙げ動静を伝えるのは、3月5日に金正恩氏と共に首脳会談が開かれたベトナムから帰国したと伝えられて以来、約3カ月ぶりとみられる。

 金与正氏は4月の金正恩氏ロシア訪問に同行せず、米朝会談決裂の責任を問われたとの臆測が出ていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ