スーダン暫定政権、合意破棄表明

共同通信

 【カイロ共同】民主化要求デモが続くスーダンの暫定政権トップ、ブルハン陸軍中将は4日、民政移管を巡りデモ隊側とこれまでに交わした合意を破棄すると表明した。9カ月以内に総選挙を実施するとしている。

 暫定政権はこれまで、民政移管まで3年の移行期間を設けるなどの内容でデモ隊側と合意を交わしていた。民主化勢力が態勢を整える前に早期に選挙を行いたい狙いがありそうだ。

 一方、デモの中心組織の一つ、医師委員会は3日、軍がデモ隊の強制排除に乗り出した結果、死者が少なくとも35人に達したと明らかにした。

 民主化勢力は3日、暫定政権との交渉打ち切りを表明した。

PR

PR

注目のテーマ