天安門事件30年、北京厳戒

共同通信

 【北京共同】中国共産党・政府が学生らの民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で30年を迎えた。当局は惨劇の舞台となった北京市中心部の天安門広場などで厳戒態勢を敷き、犠牲者の鎮魂や抗議活動の動きを警戒。習近平指導部は一党独裁体制が揺らぐことがないよう、事件を正当化する姿勢を堅持している。

 広場や周辺道路では3日夜から4日未明にかけ、多くの軍や警察車両が配備され、最多の犠牲者が出たとされる市西部の木セイ地では数十人の私服警官らが通行人に目を光らせた。

 習指導部は、治安維持の動きを強めている。体制に批判的な言動は徹底的に取り締まる構えだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ