LA近郊で天安門の犠牲者を追悼

共同通信

 【イエルモ共同】米西部ロサンゼルス近郊のイエルモで3日夕(日本時間4日午前)、中国の天安門事件から30年の犠牲者追悼集会が開かれた。当局が民主化運動を武力弾圧した事件を象徴する場面として有名な、北京市の路上で男性が戦車の前に立ちはだかる様子を再現した記念碑が初公開された。

 主催者の一人で、事件で戦車にひかれ両足を失った人権活動家の方政氏(52)=米国在住=が記念碑を前に「30年前にひかれた状況を昨日のように思い出す。いつの日か中国が民主化されると信じている」と話すと、集まった約250人から歓声が上がった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ