「麒麟がくる」衣装姿を初披露

共同通信

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影が東京都内で始まり、主人公の明智光秀を演じる長谷川博己さんらキャストが4日、役衣装姿を初披露した。

 鮮やかな水色の着物に身を包んだ長谷川さんは「心がすごく躍動している。今までの俳優人生の全てが出るのではないか。日々引き締めてやっていかなくてはならないと思った」と語った。

 衣装はデザイナーの黒沢和子さんが担当し、収録は東宝スタジオのセットで3日に開始。光秀の主君となる斎藤道三役の本木雅弘さんや、道三の娘で後に織田信長に嫁ぐ帰蝶役の沢尻エリカさんらも撮影に臨んだ。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ