ラグビー岩渕ヘッド、申し訳ない

共同通信

 ラグビー7人制男子の国際大会ワールドシリーズで全戦に出場できる上位グループの最下位となり、降格が決まった日本代表が4日、羽田空港に帰国し、岩渕ヘッドコーチは「残留が最低条件だった。申し訳ない気持ち」と語った。

 岩渕氏は7人制男女日本代表の強化を総括する総監督も務める。2020年東京五輪前のシーズンは男女とも上位グループで戦えないことになり「強化に影響はあるが、前向きにやっていくしかない」と述べた。日本協会の役員改選では専務理事に就くとされ、今後について「(7人制の強化を)続けさせてもらえるならやりたいが、協会がどう考えるかもある」と話した。

PR

PR

注目のテーマ