天安門事件、世界各地で追悼

共同通信

 中国の天安門事件から30年となった4日、東京やソウル、米国など世界各地で犠牲者を追悼したり、中国政府に真相究明などを求め抗議したりする集会が開かれた。

 東京都港区の中国大使館近くでは、市民団体のメンバーら約30人が抗議集会を開き、事件当時の学生運動の元リーダー封従徳氏(53)=米国在住=が「事件を忘れないで」と訴えた。中国当局は事件の死者数を319人としているが「その数字はうそだ。もっと多くの学生や市民が殺された。日本の人々には信じてほしくない」と述べた。

 封氏は参加者を代表し、政府に謝罪を求める文書も大使館の郵便受けに投函した。

PR

PR

注目のテーマ