FRB議長、利下げ可能性に言及

共同通信

 【シカゴ共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は4日、シカゴで中長期の金融政策を討議する会合を開催した。米中貿易摩擦の長期化などにより世界的に景気減速懸念が強まる中、パウエル議長は講演で「景気拡大を維持するため適切に行動する」と述べ、利下げの可能性に言及した。

 パウエル氏は中国などとの貿易摩擦に関し「どのように、いつ解決するのか分からない」と指摘し、貿易摩擦が米国経済に与える影響を「注視する」とした。

 会合では物価上昇目標の見直しや次回景気後退時の金融緩和策が主なテーマ。

PR

PR

注目のテーマ