世界経済2・6%に減速

共同通信

 【ワシントン共同】世界銀行は4日、世界経済見通しを発表し、2019年の世界全体の実質経済成長率は2・6%と予測した。1月時点から0・3ポイントの大幅な下方修正。激しさを増す米中貿易摩擦の影響が波及するとみられ、ユーロ圏などの成長率が下振れした。日本は0・8%で0・1ポイント引き下げた。

 トランプ米政権は中国に対する制裁関税拡大に加え、メキシコにも不法移民の抑制策を求めて関税を課す構え。発動すれば成長は一段と鈍化する公算が大きい。

PR

PR

注目のテーマ