EU、NATO加盟を目指す

共同通信

 【ブリュッセル共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は4日、就任後初の外遊先としてベルギー・ブリュッセルの欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の本部を訪れ、両組織に加盟し、欧州並みの高水準の生活と安全保障を目指すと改めて表明した。

 ゼレンスキー氏はストルテンベルグNATO事務総長との会談後に記者会見で、「戦略的路線」であるNATO、EU加盟のためにも、東部2州の一部を実効支配する親ロシア派勢力との紛争停止に向け、ロシアと交渉を始める考えを示した。

 事務総長は、ウクライナ・クリミア半島のロシア軍をにらみ、ウクライナ支援を続けると確認した。

PR

PR

注目のテーマ